Deadball

Rookie(新人)

片腕がキャンパス

42

三ツ俣(みつまた)

170

104D

95

106

案内情報

11:00〜ご案内できます。

スケジュール

07/21
11:00〜16:00 受付
07/22
11:00〜16:00 受付
07/23
二軍調整

風俗歴

20年前に数年

球団からのコメント

【オプション】
バイブ ○ ・ 電マ ○ ・ AF × ・ 3P ×

見た目や性格はかなーり大人し目な印象でなかなか笑わせるのにてこずりそうな感じの三ツ俣選手!(笑)
風俗は20歳くらいの時に役5年ほどやられたことがあるみたいですが何分そこから時が経ちすぎているので当時の技が出るのかは謎です、、
片腕にびっしりタトゥーが入っておりまるでキャンパス!!!
芸術派のお客様にも対応できるかもしれませんね☆
プレイスタイルはM寄りとの事ですので責めてあげたら喜ぶかもしれません!
【中川】

かなーりミステリアスな選手がやって来ました!
身長は170!!!女性としてはかなり高身長な彼女ですが
見た目や性格は結構穏やかです(笑)
それと裏腹に片手を見るとちゃんと入ってます!!
キャッチコピー通りの感じです
アンケートの性欲に関しては「ありすぎて、、」
との事です。是非性欲があり過ぎるお客様とぶつかってほしいです!
【よっすぃー】

片腕がキャンパスの
中肉中背中年選手!!
なかなか顔に感情を出さない選手かなと
思ったら意外と話せば笑ってくれたりもします!
見た目の怖そうなインパクトとは逆に
結構おっとりしています。
顔はまぁ普通の団地のおばちゃんに居そうな
感じなので
もしよろしければ是非一度試合してみてください。
【砂川】

※あくまで選手の自己主張ですのでシャレで見てください。
※誤字脱字、質問の履き違え等もそのまま掲載しています。
★血液型:B
★星座:しし座
★出身地:東北の方
★聞きたくないけどプレイスタイルは?:イチャイチャ、甘えん坊
★1日何食食べるの?:2食
★男性遍歴は?:10人かな?
★人生で告白された回数は?:3回
★貯金または借金は?:
★モチベーションを保つ為の生きがいは?:ライヴ
★自分の好きな所は?
★プレイ詳細リスト
・ディープキス:◯
・素股:自信がないけど
・口内発射:お口に命中してね
・パイズリ:頑張れたら
・アナル舐め:ごめんなさい(>_<)
・前立腺マッサージ:教えていただければ
・オナニー見せ:◯、相互オナニーも好き
・目線合わせフェラ:◯
・バキュームフェラ:◯
・玉舐め:◯
・即尺:ごめんなさい(>_<)
・ごっくん:たくさん飲めます
・バイブ:◯
・電マ:◯大好き
・あと何ができるんだ?:意地悪に責められたら・・・

★ボディアピール
・乳首の大きさ:舐めやすい
・乳輪の大きさ:普通かな
・乳房の垂れ具合:ちょっと
・陰毛の濃さ:普通かな
・ビラビラのサイズ:見て確認してね
・潮を噴くことはありますか?:一度噴いてみたい
・濡れやすい体質ですか?:とても
・性欲は?:ありすぎて
・性感帯は?:乳首
【事故アピール】
11:29 2018/7/1 三ツ俣 【アンケート追加分】
★喫煙:吸いません
★体重は?:重いです(>_<)
★趣味は?(マイブームとか)
:ライヴに行く事
★座右の銘とかある?:
★休みの日は何してるの?:ライヴかお家でゴロゴロ
★入店日は?:7/1
★好きな食べ物は?:甘いもの
★よく遊んでるスポットは?:高円寺かな
★NGワード?:
★唾液の量は?:普通
★月・週に何回オナニーする?:毎日
★オナニーの仕方は?道具は?:指、電マ
★今までにしたアブノーマル:入院中に病室でとかお墓でとか
★普段どんな下着つけてる?:可愛い感じ
★必殺技を教えて:
★好きな男性のタイプは?:男らしい人
★タイプな芸能人は?:北村一輝
★これ差し入れしてくれたら嬉しいな♪
(逆にこれはやめて下さいっていうもの)
:何でも嬉しいです
★自分はどんなタイプ?:おっとり
★自分の身体で最も光ってる気がするパーツは?:。
★有ればですが、今まで最モテ期は?:20歳頃
★お酒は飲めますか?:飲めないです
★自分を動物に例えると?:
★自分の中で最高にイヤラシイ言葉は?:濡れ濡れだね
★家にある大人のおもちゃは?:電マ、バイブ、ローター
★燃えるプレイorシチュエーション:ドMなんで責められたら〜
★どんな形が好きですか?(チンコ):
★乗り物乗ってる?:
★好きなスポーツは?:
【何か自慢できる特技や自慢したいことあればどうぞ】

入団のコメント

生活の足しにしたくてきたんです、、、

CLOSE

Copyright(C)2018 Uguisudani-Deadball. All Rights Reserved.

鶯谷デッドボールトップページへ戻る